米大学発のスタートアップ企業で燃料電池・水素生成に関わる研究バイト

🌟何をやっているのか

カリフォルニア工科大学発の革新的3Dプリンティング技術の用途開発に関する研究・開発業務を行っており、Natureにも論文掲載。学生には最新3Dプリンタ技術を用いることで可能な新材料や構造制御を活かし、燃料電池・水素生成に関する研究・開発業務に携わっていただきます。


🌟なぜやるのか

私たち米大学発の革新的3Dプリンティング技術をもとにした研究開発型スタートアップです。これまで難しかった解像度および材料で3次元成形を達成し、3Dプリンティング業界だけでなく、モノづくりとその関連業界全般に変革をもたらすことを目指しています。

事業拡大により日本でのR&D拠点として新規求人を募集しております。チームとして、有機化学や金属学といった材料科学から、製造プロセスとしての3Dプリンティング、応用としての電気化学といった、分野横断的研究・開発を楽しめる方を募集します。始めから世界を見据えたスタートアップであり、スピード感をもって、世界での3Dプリンタ業界をリードしていく、やりがいのある業務です。


🌟こんなことやります

燃料電池、水素生成に関する研究開発に携わって頂く中で、例えば以下のような業務をお願いすることになります。特に工学部の材料系や化学系の学生であれば、専門分野を学びながらのアルバイトが可能です!

  • 弊社の新しい3Dプリンティング技術を用いた電極および新しい構造の開発
  • 電極材料の材料評価および3次元構造評価
  • 電極材料の燃料電池・水素生成デバイスによる電気化学測定

🌟就業条件

  • 時給
    時給1000-1300円(成果によって昇給あり)
  • 就業地
    宮城県 仙台市 青葉区
  • 就業時間
    パートタイム:週10時間以上
    フルタイム:フレックスタイム制度を導入しており、働きやすい時間帯や曜日は柔軟に相談可能です。
  • サポート体制
    アメリカのトップ大学であるマサチューセッツ工科大学でカーボンナノチューブ材料の博士研究をしていた方やカリフォルニア工科大で3Dプリンタの博士研究をしていた方々が開発をリードしています。バイト学生には実験方法から丁寧に教え、独立して実験をしていけるようサポートしていきます。

🌟担当者からひとこと!

世界を変える材料系スタートアップに興味のある方、ぜひ一緒にやっていきましょう!

この求人へのお問い合わせは、以下のメールまでお願いします。バイト希望だけでなく、お問い合わせいただければ掲載組織に関する情報(会社/研究機関名、会社URLなど)をお伝えいたしますので、興味があるという方はぜひお気軽にお問い合わせください。
✉:s-nagata@queeen-b.com
件名:「米大学発のスタートアップ企業で燃料電池・水素生成に関わる研究バイト!!」について

       
タイトルとURLをコピーしました